忍者ブログ
株式会社作州屋のCEOもどき、マナちゃんことモノノフの糞ボーカル尼子民部が無駄にホザきまくってます。
[24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日も昨日に引き続き、出雲のお城を紹介します!

☆月山富田城


左:塩谷口城門付近  中:塩谷口側面石垣  右:七曲の石段


左:二の丸の石垣  中:大堀切より二の丸郭を望む  右:本丸の山中幸盛塔

月山城は、かつて11カ国(日本の1/6)を支配した、尼子氏の本拠でした。
山全体が巨大な要塞となっており、まさに鉄壁の防御、難攻不落の堅城であると言う事が素人目にも一目瞭然なお城です。
尼子氏もこの城が鉄壁の要塞であると言う事を判っているからこそ、何度も大軍に包囲されても、長い篭城戦になっても臆する事無く、果敢に戦えたのでしょうね。
毛利もそりゃ欲しがるわな~。と思いました(笑)

て言うか、ある程度有名なお城なので、月山富田城の由来や尼子氏のエピソードなどは他のサイト様に譲ります。(笑)


☆高小屋城

高小屋城は、どうやって行けば良いのかが全く分からず、すれ違った小母さんに尋ねると、高小屋城はお爺さんが詳しいと言う事で、お爺さんを紹介してもらいました。
実は、このお爺さんは郷土史を熱心に研究されている上に、資料本まで執筆されたと言う、とても凄い方だったのです!
城跡に向かう途中、わざわざ資料のコピーをとって下さり、登城口までの案内もして下さいました。
とても親切にして頂いたので、お礼をしたかったのですが、生憎何もお土産になる様なモノも持っていないし・・・かと言って、お金を渡すのもいやらしいどころか失礼やし・・・(笑)
丁重に心からお礼と感謝の気持ちを述べて、お爺さんと別れました。

さて、高小屋城。わくわくしますが、お爺さん曰く、「整備もされていない上に、この山に入る人も滅多にいないので、どうなっているか分からないから、気をつけて!危ないよ!」と。
仰るとおり本当に怖い思いをしました。
何が怖かったのかと言うと、一応僕も山に入る時は、必ず地形図と方位磁石は携帯しているので、滅多な事では迷わないとは思っていたのですが、道と言っても、足の踏み跡も全然無いし、どの山でも結構目にする、ハイカーさん等が目印として木に付けているマークも途中から全く無くなった上に、結構急な斜面を登る事になってしまったので、本当に道合っているのか?と。オマケに、携帯は圏外・・・ マズイっす。
もし、道を間違えてたら、マジで遭難やん!って言う不安と恐怖に襲われました。
(実は山を降りる時に分かった事なんですが、途中の道は外れていた様です。こわっ!)


左:馬場  中:堀切  右:主郭の切岸に聳える鉄塔

しかし、何とか縄張図にもある馬場であろう細長い2段の郭に出たので安心しました。
そのまま、尾根沿いに進んでいくと、結構な規模の堀切がありました。
しかも、遺構の保存状態がかなり良いので(人が滅多に入って来ないんだから、当たり前か(笑))かなり興奮しちゃいました!
で、いよいよ主郭へ!と思ったのですが、主郭へ登る道らしきものが
どこにも見当たらない・・・
斜面を直登して主郭へ行こうと思ったのですが、この切岸は半端じゃない傾斜だったので、諦めました・・・・
そして、泣く泣く、城を降りました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
三ヶ根山(字あってる?)の写真はないのか?
dm 2006/09/10(Sun)11:09:50 編集
三ヶ根
>DM妃
三ヶ根山は、IxNxのサイコ兄と一緒に行きましたが、写真は撮れませんでした。
何故って? それは、ただ単にカメラが無かったからです!(笑)
しかし、厳粛な雰囲気に圧倒されました。
日本各地の師団・連隊の慰霊鎮魂碑が至る所にずらりと!

米国のB29のエンジンも雨ざらしで展示されていましたよ。
なんかさらし首みたいでした(笑)

よろしければ、妃もE師匠と一緒に行かれてはどうでしょうか?
僕は、今の日本全体が一部の害国(あと、一部のマスゴミも(笑えません))を恐れて、真実の歴史から無理やり目を背け、黙殺しているのかが、まさに一目瞭然で悲しくなりました。
なぜ、奥三河の地に何の縁も無い、他の地域の師団の慰霊碑が該当自治体に存在するのではなく、
追い遣られた様に、この狭い三ヶ根山にあるのでしょうか・・・(涙)

---
僕は日本人であるのであれば、祖国の英霊達に感謝と尊敬、そし誇りに思う気持ちを忘れてはならないと思います。
今の日本の礎を築いて下さった英霊に向かって唾を吐くような愚かな人間が、日本人であるのにも拘らず未だに多く存在する事が僕には信じられません・・・
尼子 民部少輔 2006/09/11(Mon)03:33:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
自己紹介
俗名:
尼子 民部少輔 良久 (本名: 真鍋 良作)
没後:
本年で 524 回忌を迎えました
性別:
非公開って事はオカマか?
没年:
1492/11/29
生業:
悪代官
世を忍ぶ性癖:
城址探訪(登山)・読書・沐浴・読経・写経
鉄道系(旅鉄、乗り鉄)・そして、バンドなど色々デス
つまり、お主は何者じゃ?:
三十路を半ばの、ただの戦国オタク+医学オタク+鉄道オタクです。

が、亡くなったじいちゃん曰く、僕は雲州尼子一族の末裔らしいです。

昔から変わらずヘンコらしく、周囲の人達から常に変質者扱いをされております。
このお陰で、嫁取り合戦にかなり乗り遅れ、もう結婚は絶望視しております(笑)

越後屋さん御用達のおまんじゅうの箱の底に敷き詰められた、やまぶき色に輝くお菓子が特に好物です。

生業は身分不相応ですが、高度医療を扱う部門と、中古パソコンの卸部門の二本柱の会社をば経営させて貰ってます。

密かにバンドもやったりしてます。
ジャンルは、戦国(落武者)メタルです。
クソ重たい甲冑を着てライブしてます(笑)
バンドや会社の詳細は下記リンクよりどうぞ。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
(11/13)
(11/10)
(10/15)
(10/11)
(07/04)
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]