忍者ブログ
株式会社作州屋のCEOもどき、マナちゃんことモノノフの糞ボーカル尼子民部が無駄にホザきまくってます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

二ヶ月余り遊び呆けていたのが祟ってか、
ちと問題が起こり、先月の第三週あたりから過酷な労働環境に
陥り、ちと息切れしとります尼子でございます(笑)

同期の桜 よく遊びに行きます
たくちむ たいぞう あまご

でも、仕事、密かに今は楽しいな~とも思ってます。
やっぱり、ボクはもともと一人でガツガツ行動するタイプなので、
「しんどい」や「面倒くさい」とか言いつつも、忙しない事が楽しいんでしょうね(笑)

さて、バンド。

Apocalyptic Inside Vol.03です。
Cataplexy x モノノフ合同企画 と謳ってくれておりましたが、
今回、ボク本当に何も出来ませんでした・・・orz
バンドの招聘も失敗し、結局のところ何もかもを、
cataplexyのリーダーに甘えっぱなしとなってしまいました・・・ 
力不足で本当にすみませんでした~~ m(__)m

今回のモノノフのライブのコンセプトは、「動き」でした。
まぁ、動きに関してはそこそこのラインはイケたのかな?と思ってますが、
演奏もボロボロ、しかも、フロントマンとしては最悪なボクのMC。
今回ばかりはダダスベリでした・・・(泣)
もう悲惨どころか、無惨極まりなかったデス。

やっぱり、バンド的にアウェー感があったのでしょうか?
それとも、ボクのトーク力が無かったのか・・・?
うう~む。間違い無く、後者の方でしょうね~~。無念なり・・・orz

モノノフ 新生メンバー モノノフ ライブ 尼子と北條
左)Photo by てつぼん 右) Photo by ぐすくまくん

でも、まぁ所詮モノノフはこんなもんです!
みんなで楽しみながらのステージだったから良しとしよう!(笑)

モノノフ 苦悩の七年

限定配布音源「苦悩の七年」の大阪配布分も、
ありがたい事に全部無くなりました!嬉しかったです。
みなさん、本当にありがとうございました!!!!


そして、久々のInfernal Necromancyでのステージ。
楽しみだったけど、この日は自身初の2ステージ。
体力的にもキツかったですけど、一番キツいなぁ
と不安に思ったのが、バンドのイメージです。

IxNxは皇国史観に基づいた、抽象的では無くかなり明確で、
そしてストイックな主張を持ってるバンドです。
(であると今は思ってマス(笑))
だから、初めてライブを観るお客さん達に、モノノフと同じ様な「イロモノ」と捉えられてしまう事が怖かったんです。
(まぁ、モノノフも世界観はかなり勉強して練っている心算なのですが・・・)
だからもう、開演前はテンションを上げるのに必死のぱっちで・・・(笑)
三曲目の「回天」で感極まり、落涙してからはもう暴走してしまい、
歌詞に無い言葉まで敢えて言っちゃったけど。

やっぱり、主義主張がシッカリしているバンドはやりがいがありますね。
主張に共感できるからこそなんだろうとは思うけど・・・

ともあれ、とても楽しかったですし、また、Voを取らせて欲しいと心底思いました。

そして、イベント終演後打ち上げも無く、IxNxのみんなと、ゆやさん(北條)、
シホさんとささやかな打ち上げ??にラーメン屋へ。
伯爵とは二回目のお店でしたね~
ボクの昔のブログにも写真付で出ているお馴染のあそこです。

その帰り際の一枚で今日の日記を締めくくります~~m(__)m

ixnxnominnnatoyuyasananago.jpg
L to R
尼子、ゆやさん、サイコ兄、ジャイガン先生、シホ姉、伯爵


PR

タイトルに特に意味はありませぬ(笑)
御機嫌うるわしゅうござります。
大ウツケ尼子でございます。

さて、もう早いものでまたまた、
来月モノノフのライブがあります!

AxIx_vol03.jpg2010.10.11(mon)
CATAPLEXY x モノノフ 共同企画
APOCALYPSE INSIDE Vol.3
@Namba ROCKETS
- CATAPLEXY
- CONGENITAL HELL
- IMPREGNATE TRICHOMONAS
- INFERNAL NECROMANCY
- モノノフ
- SUNGODDESS
open 18:00 / start 18:30  adv Y1800 / door Y2300(+1D Y500)

お時間が許す方は是非ともご足労願いたく
存じまする~~m(__)m
よろしくお願いしますデス~~~m(__)m

ちなみに当日、尼子めはInfernal Necromancyでも
Voを取らせて頂きます~~(笑)
久々のブラックメタルボーカル、頑張ります~~。

----------------------------------------------------------------------

さてさて、またしても嫁に行ってしまった
娘が居ます・・・
もはや、会社にボクの居場所はありません。
何故って??
会社のみんなはボクの相手してくれないから、
医療機器たちがボクの遊び相手でした・・・
でも、嫁になかなか行けなかった、
大型の医療機器たん達が、
ことごとく出荷しちゃったから・・・(涙)

infantincubator.jpg
↑ 新生児の保育器なんだけど、
英語では「Infant Incubator」と。
なんかのデスメタルバンドの名前みたいだね!(笑)

また、いっぱい仕入れせねば!!!
と決意を新たに頑張ります!!!

----------------------------------------------------------------------

今日の朝はてつボンと遊んでました。
今年に入ってからCD買ったのはこれで2枚目(笑)
バンドマンの風上にも置けないね~(笑)

で、てつボンはDJしに京都へ行ったので、
ボクは昼から、長年仲よくしてもらってる友達
と松坂牛を食べに三重は松坂へ。
matsuzaka_ushi_yaku_oyaji.jpg

実は、その友達は入院療養中にも拘わらず、
付き合ってくれました(笑)
アクティブな彼女に頭が下がる思いでした(笑)

そして、今からは、高校時の戦友、
ぐすくまくんと呑みに行ってきます~~(笑)

あああああ~~。
時間がいくらあっても足りないよう!!!

では、しからばこれにて~~m(__)m
 

山に還りたい尼子です!
旨い魚が喰いたくて米子の兄ぃことPINO兄に
連絡したんだけど、やはり山に行きたくなって、
ダイナミックに変更してもらいました!(笑)

P1020174.jpg
本日のメンバー(笑) LtoR
トシ元帥、ツジ理事、尼子、PINO兄ぃ

本日の詳細な行程やツジ理事長との奇跡の出会いなどの
詳しくはPINO兄ぃがブログにいっぱ~い書いているので、
楽しい記事の方は兄ぃに譲りまぁ~す(笑)

では、ボクはクソ面白くも無い遺構の事をば・・・(笑)

☆湯山城(湯本城)☆
yuyama_castle000.jpg
築城者:浮田平右衛門盛重(宇喜多氏)
標高:480m 現存遺構:10段の郭群、3重の堀切

湯本城は日本城郭大系にも記載されているので、
マイナーなお城では無いのですが、
整備は全くされていない所なので、
道と言う道なんてのも無いだろうから、直登ONLYで、かつ
もうこの時期は猛烈なブッシュ地獄だろうと
覚悟は決めていたんですが・・・

いや、ブッシュ地獄は意外と麓の部分だけで、
ただ急峻な斜面と言うのが際立った印象でした。
P1020172.jpg P1020159.jpg yuyama_obikuruwakana.jpg
左)こんな感じの斜面を直登しました~
中)この石積みたいなのは何だ!?
右)大系の縄張図には無かったんですが、切岸の下に帯郭みたいなのが。ナニコレ?
P1020165.jpg P1020166.jpg
主郭とおぼしき所にて。
左)トシ元帥と尼子 右)PINO兄ぃと尼子

だけど、ボクは先週から呑みまくってたせいか、
50m程登ったあたりで、体力が尽きて死にそうでした(笑)

☆田井城(田井堡)☆
tai_castle.jpg
在城者:美甘助右衛門(三浦氏)
現存遺構:郭群

さほど比高も高く無く登りやすい城址でした。
でもね~。
は~い。軽ぅく藪漕ぎが始まりましたヨ!!
これでこそ、夏の遺構巡りの醍醐味っすね(笑)
遺構はソコソコ残っているらしいのですが、
(肉眼では竪堀なんかは確認出来たんだけど、写真じゃわかんない(笑))
田井城の遺構に関する文献を、
ボクは持って無いので予備知識もないし、
ぶっちゃけ、下草が多すぎて何のこっちゃ解んなかったです(笑)

tai_ninokuruwayorishukaku.jpg tai_shukaku.jpg tai_obikuruwa.jpg
左)二の郭の削平地より主郭部を望む
中)主郭部の削平地
右)二の郭より二段の帯郭らしき遺構

☆飯山城☆
iiyama_castle.jpg
在城者:安藝盛重 [杉原盛重か?](毛利氏)
遺構:郭、礎石、空堀(美作古城史より)

日本城郭体系にも詳細不明とのみ記載されており、
美作古城史も安藝盛重の謂れや古文献(覚書)の事のみしか記述されておらず、
城の遺構については、城の礎石空堀等も現存し~とのみあって詳細は不明。

最早、湯原観光協会のツジ理事の知識と勘のみが頼りの城址踏査(笑)

af0d62e3.jpegついに来ました。
覚悟はしていたブッシュ地獄。
そして到る所に張り巡らされたクモの巣。
さっきの二城とも道なんて文明の産物は無かったけど、
ここはもっと酷かった(笑)
エグイ。道が無いなんて次元じゃなく、
ひたすら直登・直登・直登・藪漕ぎ・藪漕ぎ・藪…(笑)
おまけにめっちゃ急峻!

iiyama_fumei1.jpg iiyama_humei2.jpg iiyama_daihorikiri.jpg
左)主郭か?w
中)帯郭か?ww
右)これ堀切か??唯の谷じゃないのか?www

藪と下草が酷過ぎて最早何が何だか解んなくて、
もう想像の域です(笑)

オマケに、ここでプチ遭難しちゃいました。
詳しくは兄ぃに譲りますが、漸く山を降りれたのは良いものの
道も無く、目の前にあるのは急な山の斜面と川(笑)
橋なんてある訳もなく、そのまま延々とリバートレッキング(笑)
kawaaruki.jpg

最後に湯原温泉で疲れた体を癒し、
蒜山焼きそばを堪能して、後ろ髪を引かれる思いで帰阪。

ああああ!!!
めっさ楽しかった~~~~~~~~!!!!!

最後に、元帥、兄ぃはもとより、
今回の湯原の古城祉探索はツジ理事のお陰で、
こんなにも素晴らしく、かつ貴重な体験ができました。
そして、昼食においしいお蕎麦だけでなく、
最後の温泉までも御馳走に預かり、
とても嬉しかったです!!!
本当に本当にありがとうございました!!!!!
感謝感謝です!!!

次回はボクに彼女が出来たら、
必ず泊りに行きますね!!!!

いやいや、楽しかったです!!!
関係者の皆さん、会場にご足労下さった皆さん、
本当にありがとうございました!!!

ステージからもテツボンを含め、
良くしてくれている方達がチラホラと見えて、
大変心強かったです~m(__)m

個人的には滅多に会う事の出来ない、
東京のバンドの方々とお会いできたのも、
とても嬉しかったです。

さて、新生モノノフ、如何でしたでしょうか??
mononofu_220821001.jpg
↑モノノフの美形二人組です。見ててホンネで悔しくなります(笑)
 それにしてもなんなんだっ!? このアリエナイ笑顔は…(笑)

新体制で臨む故、敢えて新曲をメインにし、
今までの雰囲気を一掃したかったのが本音ですが、
果たして功を奏したのか・・・(苦笑)

はい、みなさん口を揃えて、
「知らない曲ばっかりだったから乗りにくかった…」と。
見事に功を奏しませんでした(苦笑)
ううむ・・・みなさん申し訳ございませなんだ・・・(泣)

で、当日のライブ後は呑みまくってましたw
下らない話ばっかりで、楽しかったなぁ~~~。
mononofu_220821005.jpg mononofu_220821003.jpg mononofu_220821004.jpg
左) L to R ゆうちゃん(富樫)、尼子、あっぱちきゅん(明石)、
      ゆやさん(北條)、けんちゃん
中) イケメンモノノフ二人衆
右) 尼子とゆうちゃん

でも、モノノフ男前二人組を初めて出し抜いて、
ボクはかわいい女の子に囲まれて
長いバンド人生で初めて
"両手に華"
な写真(実際はビデオだけど…w)を撮って貰えました。
ちょーうれP!!!(←キモッ!!! 死ねっクソ尼子め!!!(笑))
mononofu_220821002.jpg
L to R Tちゃん、尼子、Aちゃん
尼子の顔、とっても鼻の下が伸びちゃってます。
良い年こいたオッサンが痛々しい限りです…(笑)


さて、どうでも良いと思いますが、
先日の一応セットリストをば・・・

01:イントロ(無念なり宇山殿:宇山飛騨守公)
02:苦悩の七年(米原平内兵衛公)
03:新宮谷凄絶金吾敬久(尼子敬久公)
04:政久よ・・・(尼子政久公)
05:切歯扼腕(秋上伊織介公)
06:軍神紀伊守(尼子国久公)
07:上月残照(尼子勝久公)

でした~~。

みなさん!
本当にありがとうございました!!!!!!!!

それにしても、久々に観たソルクは格好良かった~。

嗚呼、ため息しか出ないよ。

"別れ"は幾つになっても哀しいものだね。

心がズキズキ痛く、そして辛い。

でも、ここは満面の笑顔で送り出さないと。

解ってはいるのだけど、それがボクには出来ないんだ。

最後まで駄目な男だったね。ボクは・・・

ほんとにごめんね。

だけど、

君の事を想うと涙があふれて、止まらないよ・・・

君と歩んできたこの数ヶ月、

色んな楽しい出来事があったね。

ボクはエゴイストで一方的だったけれど、

君と微笑みながら語り合い、遊んだ、

幸せだったあの日はいつまでも続くと思ってた。

それが、いきなり終わると言う、

残酷な結末を迎えるなんて・・・・

けれども、今まで本当にありがとう。

そして、君の眩いばかりの元気で

明るい "光" を、困ってる色んな人たちの笑顔を

取り戻す為に使ってあげてください。

これからも、頑張ってね。

ボクは草葉の陰で、君の元気と成功を祈ってるよ。



さようなら・・・・




って何がって??(笑)

xra_001.jpg xray_002.jpg

実は売りたくなかった、
インバータ式コードレス移動形X線撮影装置が
嫁に出て行ってしまいました・・・(泣)

世界での活躍を祈るばかりです。

<< 前のページ 次のページ >>
自己紹介
俗名:
尼子 民部少輔 良久 (本名: 真鍋 良作)
没後:
本年で 524 回忌を迎えました
性別:
非公開って事はオカマか?
没年:
1492/11/29
生業:
悪代官
世を忍ぶ性癖:
城址探訪(登山)・読書・沐浴・読経・写経
鉄道系(旅鉄、乗り鉄)・そして、バンドなど色々デス
つまり、お主は何者じゃ?:
三十路を半ばの、ただの戦国オタク+医学オタク+鉄道オタクです。

が、亡くなったじいちゃん曰く、僕は雲州尼子一族の末裔らしいです。

昔から変わらずヘンコらしく、周囲の人達から常に変質者扱いをされております。
このお陰で、嫁取り合戦にかなり乗り遅れ、もう結婚は絶望視しております(笑)

越後屋さん御用達のおまんじゅうの箱の底に敷き詰められた、やまぶき色に輝くお菓子が特に好物です。

生業は身分不相応ですが、高度医療を扱う部門と、中古パソコンの卸部門の二本柱の会社をば経営させて貰ってます。

密かにバンドもやったりしてます。
ジャンルは、戦国(落武者)メタルです。
クソ重たい甲冑を着てライブしてます(笑)
バンドや会社の詳細は下記リンクよりどうぞ。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
(11/13)
(11/10)
(10/15)
(10/11)
(07/04)
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]