忍者ブログ
株式会社作州屋のCEOもどき、マナちゃんことモノノフの糞ボーカル尼子民部が無駄にホザきまくってます。
[56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お正月にひょんな事で、僕が尊敬してやまない英雄、
石破茂防衛大臣にお会いする事が出来ました。
その時は、もう頭が真っ白になって体中ガクガク震えて、
握手して下さった時には、動悸も激しく、伝えたい事もロクに
言えず、ただただ不審極まりない動きをしていたと思います。
良くもまぁ、SPに撃ち殺されなかったものだと思います(笑)
兎に角、上記の様な恥ずかしい状態に陥っていましたが、
先生とお別れした後に、ふと今の日本について、特に愛国とは
なんぞやと一人で思いをめぐらせてみました。


 祖父母の時代を含め、それ以前の日本人は最高にカッコいいと思う。
 現代人が忘却してしまった、決して棄ててはならないココロがそこにあった。

 我々はもっと自国や歴史に誇りを持たねばならない。
 悲しいかなわが民族は、今や世界中の人々に軽視にされてしまっている。
 何故か!?
 それは、自国に対して愛情(愛国心)や誇りを持てない人間が多すぎるからだ。

 正直なところ、僕も愛国心と言われてもすぐにはピンとは来ない。
 しかし、日本の歴史は大好きであるし、他の国の歴史と比べても遜色もない。
 それ以上に誇れるものだとも思う。
 また、日本独自の風俗や文化的な部分においても、変な意味ではなく優れていると思う。
 僕は無学なので、アホか?と言われるかも知れないが、これも愛国心なのでは?と思う。
 あと、オリンピックやサッカーの試合とかでも日本を応援し、試合に勝てば何故か嬉しくなるのも、
 負ければ悔しい思いをするのも、一つの愛国心だと思う。
 
 一部の人は、日本の歴史は語ること自体罪であると言う。
 愛国心と言う言葉は日本人が語るのはタブーだと言う風潮もある。

 本当にそうであろうか?
 確かに、大東亜戦争の時代はごく一部の陸軍の暴走から、ついに残念な結末を迎える事となってしまった。
 しかし、この部分ダケを取り上げて、全てが汚点だったと考えるのはどうであろうか?
 また、これをタブー視するのもどうであろうか?
 いつまでも、反省と謝罪をする必要があるのであろうか?
 歴史を汚点だと捉えるのは何故であろうか?
 何故自虐的な日本観しか持てないのであろうか?
 「学校教育のせいだ!」と言う人も多いが、それだけではないと思う。
 全てを鵜呑みにして、自分での思想や意見を持とうとしないからではないのか?

 明治の日本は生活は貧しかったが、心は輝いてた時代。
 その心を日本人なら忘れてはならないと思う。

 明治から僅か100年足らずでここまで、ダメになってしまうとは....

 我々日本人は根底から意識を変えねば...
 いや、日本古来からの魂を取り戻さねば...

 このままでは完全にダメになってしまうのではないか?と心配する今日この頃です。

 ※ ちなみに僕は右翼とかではありません。フツーの32歳の日本人です。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
そうそう、鍋ちゃんの持ってるライフル、登録証見つかったから、今度会社きた時もらってね。

あれ!?右翼辞めたの!?
GENTA 2008/01/14(Mon)21:55:14 編集
無題
ひさしぶりやなぁー
あけましておめでとう
今年ももよろしく~
プライドはいるねぇー
たく 2008/01/15(Tue)11:53:15 編集
無題
>源さん
ありがとうございます!!
昨日、ご内儀様より頂戴いたしました!
かたじけのうございます!!
後日、お礼を申し上げに参ります!

>たくちゃん
お久しぶり!
今年もよろしくね!!
しかし、本当に最近会ってないね~。
時間合わせてのみ行こうな!
尼子 良久 2008/01/19(Sat)18:48:47 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
自己紹介
俗名:
尼子 民部少輔 良久 (本名: 真鍋 良作)
没後:
本年で 524 回忌を迎えました
性別:
非公開って事はオカマか?
没年:
1492/11/29
生業:
悪代官
世を忍ぶ性癖:
城址探訪(登山)・読書・沐浴・読経・写経
鉄道系(旅鉄、乗り鉄)・そして、バンドなど色々デス
つまり、お主は何者じゃ?:
三十路を半ばの、ただの戦国オタク+医学オタク+鉄道オタクです。

が、亡くなったじいちゃん曰く、僕は雲州尼子一族の末裔らしいです。

昔から変わらずヘンコらしく、周囲の人達から常に変質者扱いをされております。
このお陰で、嫁取り合戦にかなり乗り遅れ、もう結婚は絶望視しております(笑)

越後屋さん御用達のおまんじゅうの箱の底に敷き詰められた、やまぶき色に輝くお菓子が特に好物です。

生業は身分不相応ですが、高度医療を扱う部門と、中古パソコンの卸部門の二本柱の会社をば経営させて貰ってます。

密かにバンドもやったりしてます。
ジャンルは、戦国(落武者)メタルです。
クソ重たい甲冑を着てライブしてます(笑)
バンドや会社の詳細は下記リンクよりどうぞ。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
(11/13)
(11/10)
(10/15)
(10/11)
(07/04)
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]